不動産鑑定士とは

不動産鑑定士と聞いて、不動産会社に勤めている方は全員持っているのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。不動産鑑定士は国家資格であるため、国土交通省土地鑑定委員会が実施している国家試験に合格しなければなることはできないです。また、短答式試験及び論文式試験の二つからなっているため、簡単に合格できるものではなく、年々合格率が下がっているのも難しさを特徴付けていると言えます。不動産鑑定士の資格を有していないものが、家や土地の価値を評価してしまうと、罰金や懲役を受けてしまう場合もあるため注意が必要です。また、各不動産業者には専任の不動産鑑定士を置かなければ営業できないことになっているため習得後は仕事が多いのも特徴です。

不動産鑑定士の資格は持っているだけで様々な不動産にかかわる業務に携わることができます。不動産鑑定士を目指す方々は不動産会社で実務経験を積むことで基礎を学び試験に臨む方が多いように考えられます。日々の実務の中で学ぶことによって実践的な目を得ることはもちろんの事、資格をすでに持っている方々のアドバイスを受けることが可能なので有利です。さらに、現地に行って実際に家を見ることもでき実地訓練も可能です。資格を獲得後は、独立し自ら事務所を構えることもでき、さらにやりがいのあるお仕事をすることができるようになります。仕入れから評価まですべてを行うことができるので、大変ではありますが自分の事務所を大きくするという夢を持つこともやる気につながると思います。