返済の際は任意売却で

消費者金融などからの借入金が膨れ上がり、何らかの理由で返済が困難になった場合は、債務整理をすることによって、返済額が減額されたり返済が免除されます。 債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などがありますが、個人再生を選んだ場合は住宅ローンを抱えていても住宅を手放さずに済みます。 個人再生を行うには、安定した収入のあることや個人で借り入れをしていることなどいくつかの条件を満たしていることが必要になりますが、借金の原因がギャンブルや浪費などのような場合でも条件を満たしていれば個人再生を行うことができます。 ただし、住宅ローンの滞納が続くと任意売却や競売などによって自宅を手放さなければいけなくなります。

万が一住宅ローンの滞納が続いてしまうと借り入れをした金融機関等から督促状がきますが、それを無視し続けているとやがては住宅が競売にかけられ、強制的に自宅を退去させられてしまいます。 現在では住宅ローンの返済に困窮する人達が増加傾向にあると言われており、任意売却に関する相談窓口も増えています。 競売は本来の不動産価値よりも何割も低い価格で落札されることが多いので、金融機関等でも競売手続きに入る前に、債務者に任意売却を勧めてくる場合もあります。 任意売却は一般的な不動産売買と同様に行われるので、競売よりも高く売却できる可能性が高く、債権者にとっても債務者にとっても競売より返済額が多くなるというメリットがあります。